「石原ヨシト 俺なりの北上、春」仙台編レポート 2017年4月3日

「石原ヨシト 俺なりの北上、春」仙台編

左:濱田多聞さん、右:石原ヨシトさん

このほかに写真がなくてすみません。俺のスマホのカメラは壊れてるし、ライブ中に写真を撮る感じのお客さんがひとりもいなかったからなのでした。

石原さんは前日、駅にギターを忘れて来たとのことで当店にあったギターでライブ。
ヤマハのフォークギターとマイクで立って演奏。ユーチュウブをひとつあげときますね。

演奏中「焼酎のロックをください!」と求められ嬉しいような気分になり渡す。また数曲歌い2杯目。歌やギターに熱が帯びてくような、しかし逆に歌もギターも沈んでくようにも見える不安定さに人間味が見えてくる。石原さんとは今回はじめて会う。こういう方なのか普段こういう方ではないのか、本人がうまくやれてるのかうまくやれてないのかわからない。どっちにしてもうちの店は演者がやりやすい造りの空間ではないよなと反省しながら眺める。石原さんは背が高い。

そんな中、ユーチュウブで上げた曲の後半「ニューメキシコミッドナイトカーボーイno1」と曲名を早口で歌うのを聞いたとき、俺はなんだかよくわかった気がしてしまって、ライブが終わったら石原さんとゆっくり飲みたいなと思った。何がわかったんだろ……? あんまり難しいことは考えたくないし、もっとそれがワケわからないものであって欲しいし……。ただ音楽にはそういう面白いところがあるなとだけ思ってみた。
3、40分で一部終了。最後にまた歌ってもらおう。

濱田多聞さんの番

今回の濱田さんの演奏は、今まで当店で数々やってくれた中で1、2番目によかったんじゃないだろうか? 全体的に安定感があり歌詞がよく心に入ってくる。濱田さんのファンは皆一様に濱田さんの歌詞が好きだ。そんな方が本当に多い。
「フー!」とか「ヒュー!」とか声援がかかるんで誰かなと思って見てみたら演奏が終わったばかりの石原さんでした。yumboの澁谷さんの隣に座って見ている。

次の日かな、澁谷さんもtwitterで書いておりましたが、最新曲の「静かな夜を」がとてもよかった。「明らかに様子がおかしいー」って歌詞、この曲はあるドラマーの方に捧げられてるらしいし、その人物を思いながら聞いてるととても酔ってしまった。

最後にもう一度、石原さんの番。俺もカウンターから出て、目の前に座り、先程の石原さんを真似て「フー!」とか言ってみたいなと歌詞を一緒に歌おうとしたり、聞いてる皆さんの邪魔をしてしまった気がする。ごめんなさい。

ライブ後、音源を作ってないそうで石原さんの物販もなく、濱田さんのCDもお客さんが全員持ってたので濱田さんの物販もなかった。

石原さん濱田さん、藤野さん、猿田さんと打ち上げ。飲む。「地元名古屋では客席からヤジが飛んできたりしてすごいんですよ」と笑って石原さんが言ってたのをおぼえてます。笑ってなかったかも知れない。そんときはもう、酔っててよく分からなくなってしまってました。

今回は石原さんと交流がある藤野さんからのご紹介でやらさせていただいたんですが、その藤野さんがホテルに石原さんがちゃんと行けるか仕切りに心配している。前回二度ほど何か失敗があったらしい。石原さんはもっと飲みたいと大丈夫ですと言っている。次の日俺も朝が早かったんで終電前に終了。早くなかったらもっとほんとゆっくり飲んでたかったな。同じ方向に帰る猿田さんや濱田さんに後のことを頼み終了。
石原さん当店でまたいつかやって下さい。よろしくお願いします。

アマゾン君

どんなの売ってるのか1日見てみたよ。アマゾンは巨大すぎる。俺は今こんなのがほしいね!




ABOUT作者

ジョン

よしぎの店主、駄菓子屋16年目。店では「店長」や「ジョンさん(幼少の頃からのあだ名)」などと呼ばれています。趣味は無し、特技は駄菓子の計算、好きな曲はスーパーマリオのテーマ、好きな色は水色、今年のテーマは根性、漫画喫茶に行って好きな漫画や知らない漫画をたくさん読みたい。今春から駄菓子屋の隣に、レンタルスペース「貸し銀」もオープンしました。よろしくお願いします。