イワモトの「ミルクボーロ」お客さんの駄菓子スケッチ4

イワモトのミルクボーロ22円、絵はきれ蔵さん、趣味は落語、自分に似てる動物はアナグマ。

甘く丸い菓子。口どけがいい。お客さんに「赤ちゃんや3、4才の子でも食べられるお菓子ってあります?」と聞かれたときに毎回紹介しています。
たまごボーロってのもあるけど、原材料は同じなんだろうか? 調べてみないとわからない。
 
俺がよく思うのはパッケージの三輪車を漕いでるうさぎがいつも元気よさそうだなーってことで、売り上げが悪い日なんかに見ると励まされたようなちょっと悲しい気分になったりする。
このうさぎはきっと友達の家や公園に向かってるのだろう。夕陽の帰り道を走ってるわけじゃない気がします。

アマゾン君

どんなの売ってるのか1日見てみたよ。巨大すぎる。俺は今こんなのがほしいね!




ABOUT作者

ジョン

よしぎの店主、駄菓子屋16年目。店では「店長」や「ジョンさん(幼少の頃からのあだ名)」などと呼ばれています。趣味は無し、特技は駄菓子の計算、好きな曲はスーパーマリオのテーマ、好きな色は水色、今年のテーマは根性、漫画喫茶に行って好きな漫画や知らない漫画をたくさん読みたい。今春から駄菓子屋の隣に、レンタルスペース「貸し銀」もオープンしました。よろしくお願いします。