動画「よしぎののクリスマス」

当店のクリスマス準備はシンプルだ。

クリスマス柄の袋に駄菓子を300円~310円分詰めて320円で売る、多めにぼったくってるわけじゃなくクリスマス柄の袋って一枚15円位するんでそうしています。買うと五円得したり五円分損したりしてもらうことになる。

ほんとは、こんな不具合を解消するのは結構簡単。袋代を取らないとか、クリスマスだし目出度いと320円分以上駄菓子を詰めればいいだけなんだけど……。そんな風に振る舞えない俺は、真冬に蚊に刺されてるような田舎もんだなー。

そんなクリスマスセットを20個ほど作って、あとはロネッツってグループのクリスマスの歌ばかり歌ってるCDを2、3週間にわたって繰返し25日の夕方6時までかけている。お客も帰り毎日かけてたCDをとめた時の、店がシーンとなる瞬間はなかなか神聖だ。心もほんとにシーンとするんです。クリスマスが好きかと云われたらそれもあるし好きだといいたい。

そんな準備位しかしてない当店のクリスマスは毎年シンプルです。シンプルってものはいいもんだけど、シンプルイズベストって言葉は賑やかなクリスマスには似合わないなとも思う。たまには店を飾ってみるかと思った年もあったけど、クリスマスの装飾などを売ってる店に行くとどれも高い。店を賑やかせて、お客さんにいつもより来てもらって、少し多目にお金を置いて行ってもらえば装飾費など、そんな痛手でもないと思える商売をしてる方々への値段。

それを、当店に当てはめてみると、んじゃ装飾費に1万使ってみたらと考えてみると、それだけで頭が眠くなる。一万あったらブタメンを 一万円分仕入れた方が全然いい。それをピラミッドの様に積んでブタメンツリーとか言ってた方が健康的だ、駄菓子屋として。

んじゃ、5千円分と思ってみたところで、ブタメンツリーのサイズを半分にした方がまだ全然いけている。ブタメンのとんこつ味って赤と白色のパッケージでサンタの服と同じ色なんだよ。

3千円分? 二千円分? とも思ってみたけど、
それ位分しか飾れないのなら、やらない方がいいんじゃないの?と諦めて店を出てしまった。

んでね、帰りに昔の店(この話は10年前位の話です)の斜め向かいにあった100円ショップに寄って、そこにもあるクリスマス飾りを手にとったりしてみたんだけど「店長、これそこの百均で買ったでしょう?」とばれるんだろうなーと思うと買う気がしない。子供達が自分達でやってるクリスマスパーティーの飾り付けときっと装飾がかぶるのだ。

まーそれでも別にいいんだけどねーと、諦めようとしてた時に、ちょっと変な顔したサンタさんの形の蝋燭をみつけた。写真とかに撮ってSNSなどにあげてまで人にみせるほど変ではないのだけど、変な愛嬌があるつーか、なかなかいい。値段も100円だ。二個買っても二百円だけど二個欲しい程の物でもない(笑)きっとこんなの子供は買わなそうだし丁度いい。つって、店に買ってきてレジの一番目立つとこに置いて、たまに手にとって変な顔を見直したりしてたんだけど、それからクリスマスまでの二週間、どの子供からもずっと無視されてただけだったなあのサンタクロース。

メリークリスマス!

クリスマスセットを作ってる動画も撮ってみました。見てみて下さい。動画中、適当なクリスマスの話もちょっと書いてみました。

編集猫
チャンネル登録をよろしくお願いします。
アマゾン君

どんなの売ってるのか1日見てみたよ。アマゾンは巨大すぎる。俺は今こんなのがほしいね!




ABOUT作者

ジョン

よしぎの店主、駄菓子屋16年目。店では「店長」や「ジョンさん(幼少の頃からのあだ名)」などと呼ばれています。趣味は無し、特技は駄菓子の計算、好きな曲はスーパーマリオのテーマ、好きな色は水色、今年のテーマは根性、漫画喫茶に行って好きな漫画や知らない漫画をたくさん読みたい。今春から駄菓子屋の隣に、レンタルスペース「貸し銀」もオープンしました。よろしくお願いします。