「よしぎの君のおつかい」よしぎの君 第4話

コンビニ生まれの駄菓子を極めたい赤子みたいな少年と、駄菓子より大事なものがあることを教えたい老人の物語。果たしてよしぎの君はいつ駄菓子を極められるのか。くまに目ざましを届ける「よしぎの君」第4話です。

編集君
次回の「よしぎの君」もお楽しみに!
アマゾン君

どんなの売ってるのか1日見てみたよ。巨大すぎる。俺は今こんなのがほしいね!




ABOUT作者

ジョン

よしぎの店主、駄菓子屋16年目。店では「店長」や「ジョンさん(幼少の頃からのあだ名)」などと呼ばれています。趣味は無し、特技は駄菓子の計算、好きな曲はスーパーマリオのテーマ、好きな色は水色、今年のテーマは根性、漫画喫茶に行って好きな漫画や知らない漫画をたくさん読みたい。今春から駄菓子屋の隣に、レンタルスペース「貸し銀」もオープンしました。よろしくお願いします。