「名もない食べ物」いっぷく君 第6話

画像1 一服。それは自分が数秒前、数分前、数時間前の自分に戻るために必要なひととき。人には一服がよく似合う。ひげが生えたら食べられない「いっぷく君」第6話です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
ヨシギノプロ『よしぎのマガジン』
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。