ヨシギノプロ日記

39
ヨシギノプロの絵
再生

ヨシギノプロの絵

俺達が勝手に作った軍団、ヨシギノプロでは絵の小商いもやっておりました、 駄菓子屋だった私(じょん よしぎの)の経験に基づいた絵を販売中 小さな駄菓子屋達の絵や 怒られてた子が空を見いてる絵や、 地元の子が地元の繁華街で勝手にフリマをしてる絵や、 地元の子が地元の繁華街で暇だし釣りをしている絵などです、 販売はこちらから↓ 「ヨシギノプロ 苦竹商店」2000円~ https://shop.nigatake.com/2 あとあと、当店よしぎのでの店頭販売もしております。 子供ばかり見てきた20年、その目でも書ける事を模作してましたよ。 良かったら↑ちょっと覗いて見てみてください。

スキ
12
おれのどうでもいい失敗、反省。

おれのどうでもいい失敗、反省。

俺が駄菓子屋をやめたと言っても、駄菓子屋をやめたのを知らない当時の小中学生はそんな事は知らずにずんずんやってくる。「なつかしいー」「ひさしぶりだー」と入ってくる元常連に「駄菓子屋やめたぞ」とカウンターみたいな台詞を云う時はなんか清々した爽快感すらある。「まじで笑!?」と笑ってもらえたりすると気持ちいい。 元々店がなくなったから位の事でくよくよする付き合いではなかったし、一緒にそれをくやむなんてどこか嘘もあるようでそんなの恥ずかしい。どっちにしても フィクションなんかなくノン

スキ
27
秋の公園

秋の公園

秋の公園 忙しい時、急にさぼって公園のベンチに座ってしまう時って誰でも1、2度3度、数十回とある人いるだろうけど、今が俺それです。 今日の仕入れをして、自転車のカゴに乗せて、走り出したら。店とは逆の方向に走ってみたんだけど、サボるって気持ちいい。いつでも外では、その反対方向には、目の前に町があってその手前には空気があってその中には、自分が入って行ってはいけない空間がある。サボることになるからね。 そこに数歩入るだけでも気晴らしになる。 今、公園で仕入れで買ってた缶チュ

スキ
14